質問

画像を軽くしたい

画像のサイズ(重さ)を減らしたいのですが?

回答

方法

まずは方法だけを書きます。実際の作業は、後に紹介する画像処理ソフトを導入して行ってください。

ふさわしい画像形式を選ぶ
イラストなどの色数の少ないものは GIF*1、一方、写真など色数の多い場合は JPEG*2 にしましょう。特にフルカラーの BMP*3 などは避けてください。
色数を減らす
GIF 画像は256色まで使用できます。この色数を256色から更に少なくすることによって、画像を軽くします。
大きく16色、2色という区切りがあり、そこまで減らせれば、大幅にファイルサイズを削減出来ます。17色以上では、Octreeという減色方式を使うと比較的うまくいきます。
圧縮率を高める
JPEG は色数を減らすことができません(フルカラー・1677万7216色)。が、圧縮することができます。ただし、不可逆圧縮といって、一度圧縮したものはもとの状態に戻せません。また圧縮することによって画像が劣化(れっか)します。画質と軽さを比べて、バランスの良い点を見つけ出してください。
画像の表面積を小さくする
<img src="画像へのパス" width="幅" height="高さ"> など、属性によって見た目の大きさを変えても画像は軽くなりません。実際の表面積を小さくしましょう。

画像処理ソフト

PhotoShop
有料。ちょっとお値段が張りますが、とにかく本格的にやりたい方はこちら。体験版がありますので、まずはお試しを。
PictBear
フリーソフト。
The Gimp
フリーソフト。
Padie version 35
BMP を簡単に処理したい場合はこちら。一番下からダウンロードしてください。256色に減色した後、保存するときにファイルの種類を PNG にします。更に上記のソフトを使って編集すると、かなりの効果が期待できます。

その他、自分に合ったものはないか、Vector窓の杜で探してみてください。

注意点

画像の処理を行うときは、元の画像に上書きせず、別に名前をつけて保存しましょう。

多くの素材屋さんでは、配布している画像の処理を許可していません。使用時の約束をよくお読みください。素材屋さんに限らず、ネット上で公開されている画像を編集することも、著作権違反となることがあります。曖昧(あいまい)な場合は、サイト管理者に問い合わせるのが一番手っ取り早く、確実な方法です。

将来

現在、ホームページでの使用が見込まれている画像が2つあります。

PNG
高額な特許料を請求されるGIFに代わる画像形式として考案されたものです。*4W3Cが仕様を定めています。
特徴としては、αチャンネルのサポート(半透明が出来る)、フルカラー対応、GIFよりも圧縮率が高い、ガンマ補正値の記憶などが挙げられます。

一方、欠点としては、GIFと違って動画をサポートしていないこと*5、まだまだブラウザの対応状況が悪く、小細工が必要になること、GIFよりも圧縮率が高い為、展開するのに若干のCPU能力又は時間が必要であることが挙げられます。
JPEG2000
圧縮方式を転換してJPEGの欠点を改善したものです。従来のJPEGよりも圧縮率が高く、品質の保持にも優れています。境界線部分に出ていたノイズが出ないようにするなどの改善が行われています。動画形式や、多彩なプログレッシブ形式のサポートなど。また、可逆圧縮もサポートしています。
ただ、ホームページで使えるのはまだ先になりそうです。*6

参考リンク

編集者

作成 むむりく 2004/03/30, 2004/05/07
修正 ばあど 2004/03/30


*1 ギフ、ジフ。拡張子は、gif
*2 ジェーペグ。拡張子は jpeg, jpg など
*3 ビットマップ(Bit MaP)。拡張子は bmp
*4 日本での特許は既に期限切れです。
*5 MNGという動画と言える形式がありますが、これはもっとサポート状況が悪いです
*6 プラグインを使用すれば、現在でも対応は可能です

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 改名   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2005-11-03 (木) 18:22:16 (4886d)