複利計算&結果表示 -投資運用の目安に-

複利計算用のツールです。画面上部の元金・年利の値を変更すると、年数ごとに単利・複利投資の資産合計を書き出し、複利効果を視覚的に確認できます。複利の力を利用することで将来の資産を増やすことができますが、その前提となっている条件を知っておかなければなりません。その条件とは、長い期間安定した利回りで運用するということです。

複利効果を生かして長期投資するには?

冒頭でも書きましたが、複利効果を生かした長期投資を実践するポイントは安定です。商品基準価格、利回りが安定しており、長期間投資が可能というのが条件。ところが、そんなに都合のよい商品はそうそうありません。

例えば、株式投資の場合、誰もが知っている大きな企業であっても、年に2・3割は株価が変動します。配当にしても、長期間安定しているわけではありません。

そこで、重要になるのが分散投資です。古くから言われるように、一つの商品に全額投資をするのではなく、株式・債券・土地など、商品価格の相関が薄い商品を組み合わせてポートフォリオしなければいけません。もし、あなたが投資について勉強したいと考えているなら、最初に調べなければならないのは、どの商品がいいか?ではなく、どう資産を守るのか、つまりはポートフォリオ理論です。

WEB上では断片的な情報が多いので、本格的に学びたい人は図書館などで調べるがベター。一冊あげるとすると、「貧乏人のデイトレ、金持ちのインベストメント」が読みやすく入門に最適です。キャッチャーなタイトルですが、適切な資産配分をするための考え方と方法が書かれた良書です。

複利効果はマイナスにも働く

複利効果はマイナス方向にも強く働きます。例えば、サラ金やクレジットカードなどで100万円を借り返済しなければ借金は雪だるま式に増えていきます。これも複利効果。借金をした場合に元本を減らせと言われているのは、このマイナスの複利効果を軽減させるためでもあります。味方につければ心強く、敵に回せば恐ろしいのが複利の力。上手に利用していきましょう。

ツール一覧 電卓ノート -履歴機能付きフリーWEB電卓-