1坪 ⇔ u(平米) ⇔ 畳サイズ 換算

不動産物件・賃貸物件のおおよその広さを確認できるよう坪から平米・坪へ変換計算し一覧で表示します。


不動産物件の坪・平米・畳換算値

1坪 = 約 3.3 u (3.30578 u)
1u = 約 0.3 坪 (0.3025 坪)
1畳 = 1.6562 u ( 中京間 )

畳サイズ ※地域によりサイズが異なります

江戸間 = 880mm×1760mm = 1.548u
京間 = 955mm×1910mm = 1.824u
中京間 = 910mm×1820mm = 1.6562 u
団地間 = 850mm×1700mm = 1.445u


   
     


u、坪、畳など単位の豆知識

1寸は3.03cm。もともとは親指の幅。明治時代に1/33メートルと定められる。一寸法師は実を結ぶ(3.03)と憶えると楽。

1尺(曲尺:建築用)は30.3cm。人差し指と親指を広げた際の距離。寸の10倍と憶えると楽。

1間は、1.8182m。もともとは柱から柱の距離。尺の約6倍。長さの感覚として、人の身長(又は両手を広げた距離)と、憶えておく。

1坪は、3.305785 m2。=1間×1間なので、広さの感覚として、人×人と憶えておく。

1畳は、江戸間(1.548u)、京間(1.824u)、中京間(1.6562 u)と地域によって異なる。広さの感覚としては1坪の半分、人ひとりが寝れる広さと憶えておく。

坪単価とは

新築で家を建てる際、建物本体を坪あたりの単価で比べるために利用します。ただし、建築基準法などで定められた単位ではなく、メーカー・工務店によって計算方法が違う場合があります。あくまで、おおよその目安として使うとおぼえておきましょう

A)坪単価(建物部分)= 建物本体価格 ÷ 延べ床面積
B) 坪単価(建物部分)= 建物本体価格 ÷ 施工床面積

AとBのパターンがあります。これに、もろもろの諸経費が足されて、最終的な建物価格が決まります。実際に建てると、広告などで表示されている坪単価よりも割高になるのはそのためです。

新築で家を建てる際に注意したいのは、坪や面積の扱いが複数あることです。混乱しないよう、よく使われる面積を確認しておきましょう。

延べ床面積

各階の床面積の合計ですが、玄関やクローゼット・ベランダ・屋外の階段などは含めません。

施工床面積

各階の床面積の合計です。その名の通り、施工する面積が基準になっています。つまり、延べ床面積で省かれる部分も含まれていますから、施工床面積のほうが広くなります。

建築面積

建築物の外壁で囲まれた部分を地面に投影した面積。つまり、各階の合計ではありません。正確には、壁・柱の中心線で計測するので、開放性が高いベランダなどは含めません。ただし、二階の住居部分が出っ張ってる場合などは含めます。建築面積は建ぺい率の計算に使われるため、出窓や中庭などの扱いに関しても規定がありますが、複雑な建築物での判断は専門家でないと難しいところです。

同じ建物で広い順に並べると以下のようになります。 施工床面積 > 延べ床面積 > 建築面積

計算ツール一覧 サイトポリシー